新規注文 - リピートトレール注文

リピートトレール注文とは、新規リアルタイム注文と決済トレール注文が組み合わさった注文方法で、決済トレール注文が約定した際、注文時に指定した注文有効期限内であれば、自動的にドテン(逆の売買区分)の新規リアルタイム注文と決済トレール注文を繰り返します。


まずは左下のレートより、希望の通貨ペアをタップすると、新規注文画面が開き、上の「新規リピートトレール」タブをタップすると、新規リピートトレール注文画面が開きます。



画面構成

画像38_1.png

注文切り替えタブ

新規リアルタイム、新規指値・逆指値、新規リピートトレールの注文画面に遷移します。


設定ボタン

リピートトレール注文設定が開き、数量や有効期限等の初期値を変更できます。


発注可能数量ボタン

該当通貨ペアにおける新規注文の発注可能な数量と、取引証拠金額を確認できます。


数量±ボタン

数量が1ずつ増減します。


数量欄

タップすると、数量の入力を行うことができます。


注文単位ボタン

「×1,000(千単位)」と「×10,000(万単位)」の切り替えをします。
※数量が「10」で注文単位が「「×10,000」の場合は、注文数量は「100,000」通貨となります。


スリッページ±ボタン

スリッページ欄のポイントが0.1ずつ増減します。


スリッページ入力欄

タップすると、スリッページの入力を行うことができます。
※原則、注文時に表示されているレートで約定しますが、実勢レートが不利な方向に変動した場合は、設定しているスリッページ許容範囲の範囲内で約定します。
※実勢レートが有利な方向に変動した場合は、設定しているスリッページ許容範囲にかかわらず有利なレートで約定します。


トレール幅±ボタン

トレール幅のポイントが0.1ずつ増減します。


トレール幅入力欄

タップすると、トレール幅の入力を行うことができます。
※トレール幅の注文可能範囲は3.0ポイント~5,000.0ポイント(3銭~50円)です。


有効期限

有効期限を「当日」「週末」「無期限」「日時指定」から選択できます。


売買ボタン

売/買ボタンをタップするとリピートトレール注文画面で入力した内容で発注します。



注文手順

画像38_2.png

「新規リピートトレール」が選択されていることを確認します。


「数量」の入力と「注文単位」を選択し、注文数量を確定します。


スリッページ許容範囲を設定します。


トレール幅を設定します。


有効期限を設定します。


「売」または「買」ボタンをタップすると発注されます。


注文が約定すると「処理完了」画面が表示されます。


「リピートトレール注文実績確認」をタップし、注文が正常に表示されているか確認します。