予想して、解説を聞いて、身につける。
初心者の方はもちろん、 FXを深く学びたいすべての方へ。

YJFX!虎の巻では、実際のチャートをもとに
トレード予測をクイズ形式で出題。
楽しみながらFXへの理解を深めていきましょう。

虎の巻17 「投資マネーの行き先」

今回はFXの基本問題です

Q戦争やテロなど国際的な経済不安があると安全な投資先を求めて投資マネーが国境を越えて動く場合があります。このように、安全資産が買われることを表すものとして適切な言葉は以下のどれでしょう。

答え

  • B有事のドル買い

戦争など有事の際に、流動性があり世界の基軸通貨である米ドルが買われる現象を「有事のドル買い」といいます。有事の際には相場がどのように変動するかわからないため、いざという時に米ドルであれば安心であろうという経験則によって、投資マネーの避難先に米ドルが選ばれることがあります。
※相場は様々な要因で変動するので、常時見られる現象ではありません。

解説

通常、投資マネーは元本の増大と利息を求めて少しでも有利な投資先へ国境を越えて移動します。例えば、アメリカが金利を上げれば米ドルが買われ、原油価格が上がれば資源国通貨が買われます。
従来までは、戦争や世界的な経済不安(=有事)があると、リスクを避けて安全かつ流動性が高い米ドルが買われました。しかし、今では、アメリカ経済の弱体化や戦争・紛争への介入失敗が増えたことで米ドルへの信認も低下しています。その結果、最近では「有事のドル買い」が一概に安心ではないと考えられ、地政学リスクの規模やマーケット参加者の意向次第で別の通貨が対象となることもあります。過去には、中立国であるスイスのフランが安全通貨として買われる場合や某国のミサイル発射報道で金が買われて高値になる場合もありました。また、「有事の円買い」といわれ円が買われることもしばしばあります。

他のトレーダーの回答をみてみよう

【虎の巻アドバイス】

通常の相場では、より有利な投資先が選ばれていますが、有事の際は現金に換えて保有したり、国際情勢に影響されにくい通貨、現物資産としての金、政治経済が安定している国の債券など、比較的安全性が高いものが選ばれます。しかし、投資マネーは強欲さと臆病さの両面をあわせ持っているため、従来の法則や経験則にのっとらないケースも多分にあり、「有事のドル買い」が不変とは限りません。そのため、有事の際は、投資マネーが国境を越えてどこの国の通貨あるいはどのような商品を逃避先にしているかを観察しましょう。逃避先の観察を通してFX市場の動向を把握することで、臨機応変な対応が可能でしょう。

次回、虎の巻更新をお楽しみに!

本記事は2017年5月1日に掲載されたもので、情報提供のみを目的としております。
記事の内容は、今後の見通しについての結果や情報の公正性、正確性、妥当性、完全性等を明示的にも、黙示的にも一切保証するものではありません。
さらに、かかる情報・意見等に依拠したことにより生じる一切の損害について、ワイジェイFX株式会社は一切責任を負いません。最終的な投資判断は、他の資料等も参考にしてご自身の判断でなさるようお願いいたします。
※コンテンツ、データ等の著作権はワイジェイFX株式会社に帰属します。私的利用の範囲内で使用し、無断転載、無断コピー等はおやめください。

関連する記事

投資にかかる手数料等およびリスクについて
当社ホームページ記載の金融商品へのご投資には、商品ごとに所定の手数料等をご負担いただく場合があります。各商品には価格の変動による損失が生じるおそれがあります。また、店頭外国為替証拠金取引をお取引いただく場合は、当社所定の証拠金が必要となり、元本を超える損失が生じるおそれがあります。なお、商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、当該商品等の「契約締結前交付書面」、「契約締結時交付書面」及び「目論見書」等をよくお読み頂き、それら内容をご理解の上、ご自身の判断と責任において、自己の計算によりお取引を行ってください。

FX・バイナリーオプションならヤフーグループのYJFX!
ワイジェイFX株式会社はヤフー株式会社
(東証一部上場 4689)のグループ企業です。
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第271号
加入協会 日本証券業協会 
一般社団法人金融先物取引業協会 
一般社団法人日本投資顧問業協会

YJFX! from Yahoo! JAPAN