予想して、解説を聞いて、身につける。
初心者の方はもちろん、 FXを深く学びたいすべての方へ。

YJFX!虎の巻では、実際のチャートをもとに
トレード予測をクイズ形式で出題。
楽しみながらFXへの理解を深めていきましょう。

虎の巻10 「2016年を振り返る」

FXでは想定外の「まさか」の出来事が相場を大きく動かす要因となります。2016年のはじまりの価格以後、相場がどう動いたのかを振返り、どのような出来事がなぜ市場に大きなインパクトを与えたかを見てみましょう。

Q2016年もFX市場ではさまざまな大きな動きが見られました。2016年の幕開けとなる1月6日の東京市場での米ドル/円相場はいくらでスタートしたでしょうか。

答え

  • A119円台

2015年12月31日の120円台より米ドル安円高となる始値でした。
BはイギリスのEU離脱を決めた国民投票直後の6月24日の価格で、約2年7カ月ぶりの安値を記録しました。Cですが、まだここまでの米ドル高円安にはなっていません。

解説

2016年は相場が大きな動きをみせた「まさか」の出来事が二回ありました。

イギリスのEU離脱

一つ目の「まさか」の出来事がイギリスのEU離脱を決めた国民投票です。2016年6月23日の投票結果が離脱派の勝利となり、世界中が「まさか」の反応を起こして金融市場が激動しました。ロンドンが欧州金融市場の中心であることから、市場ではEU離脱による英ポンド売り一色となりました。FX市場でも、英ポンド/円は急落し、ユーロも3年半ぶりの安値となり、米ドルも暴落しました。この件でBrexit(ブレグジット)というBritain(イギリス)とExit(退出)を合成した造語が生まれました。

米大統領選挙

二つ目の「まさか」の出来事がトランプ次期米大統領の誕生です。投票日当日までヒラリー氏優勢の見方が強かったため、「まさか」の展開となり、米ドル/円は乱高下を記録しました。

2017年もまた「まさか」が起きるのでしょうか。

他のトレーダーの回答をみてみよう

【虎の巻アドバイス】

何が起きるかわからないのが金融市場です。「まさか」の出来事で資産を失わないように、何か大きな変化がありそうな場合は、注意深く市場を分析することと、慎重に取引をすることが肝要です。

次回、虎の巻更新をお楽しみに!

本記事は2017年1月10日に掲載されたもので、情報提供のみを目的としております。
記事の内容は、今後の見通しについての結果や情報の公正性、正確性、妥当性、完全性等を明示的にも、黙示的にも一切保証するものではありません。
さらに、かかる情報・意見等に依拠したことにより生じる一切の損害について、ワイジェイFX株式会社は一切責任を負いません。最終的な投資判断は、他の資料等も参考にしてご自身の判断でなさるようお願いいたします。
※コンテンツ、データ等の著作権はワイジェイFX株式会社に帰属します。私的利用の範囲内で使用し、無断転載、無断コピー等はおやめください。

関連する記事

投資にかかる手数料等およびリスクについて
当社ホームページ記載の金融商品へのご投資には、商品ごとに所定の手数料等をご負担いただく場合があります。各商品には価格の変動による損失が生じるおそれがあります。また、店頭外国為替証拠金取引をお取引いただく場合は、当社所定の証拠金が必要となり、元本を超える損失が生じるおそれがあります。なお、商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、当該商品等の「契約締結前交付書面」、「契約締結時交付書面」及び「目論見書」等をよくお読み頂き、それら内容をご理解の上、ご自身の判断と責任において、自己の計算によりお取引を行ってください。

FX・バイナリーオプションならヤフーグループのYJFX!
ワイジェイFX株式会社はヤフー株式会社
(東証一部上場 4689)のグループ企業です。
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第271号
加入協会 日本証券業協会 
一般社団法人金融先物取引業協会 
一般社団法人日本投資顧問業協会

YJFX! from Yahoo! JAPAN