予想して、解説を聞いて、身につける。
初心者の方はもちろん、 FXを深く学びたいすべての方へ。

YJFX!虎の巻では、実際のチャートをもとに
トレード予測をクイズ形式で出題。
楽しみながらFXへの理解を深めていきましょう。

虎の巻6 「通貨の特性と値動きの関係」

今回はFXの基本問題です

通貨が買われる要素はさまざまありますが、その国の自然環境、経済、産業などと極めて密接に関係しています。たとえば2014年11月には、OPECの原油産出削減が見送りとなったことで原油価格の大幅下落が始まり通貨にも大きな影響を与えました。

Q上の①から③のチャートうち2014年の秋以後で最も下がっている③のチャートはどの通貨ペアでしょうか。

答え

  • B豪ドル/円

原油や鉄鉱石の資源が豊富なオーストラリアの通貨は資源国通貨で資源相場に影響されます。ちなみに①は米ドル/円で②が英ポンド/円ですが、2014年の秋以後は豪ドル/円と比べて大幅に下げが続く局面はありませんでした。

解説

資源国通貨の取引は、資源価格の動向に注目。

2014年秋以後に急落した原油価格

このチャートは、2014年から2015年末までの原油価格の動きを表しています。
2014年11月に世界の原油価格に大きな影響を与えるOPECの原油産出削減が見送りになったことで、1バレル100ドルを超えていた価格が急激に下がり始めました。そのため「資源国通貨」である豪ドル円は、2014年内は持ちこたえましたが、2015年からは大きく下落しました。

資源価格のチェックが大事

米国やイギリスも産油国ですが、それ以外に通貨を動かす金利や貿易収支、景気動向などの大きな要素があるので急激な下げは避けられました。NZドル、カナダドルにも影響はありましたが、豪ドルは資源通貨の典型として投資家に人気があり、取引量も多く高値で買われてきました。だからこそ、その反動が大きかったことになります。ただし、2016年9月末に8年ぶりに原油減産が合意されたことで今後上昇に転じるかどうか注目されています。原油や鉱石を輸出している国の通貨である豪ドルやNZドル、カナダドルなどの資源国通貨を取引する場合は、資源価格の動きに注意を払いましょう。

他のトレーダーの回答をみてみよう

【虎の巻アドバイス】

資源通貨の性格と
その動きを左右する資源価格の動向に注意を払う。
そうすれば、取引リスクを減らすことができます。

次回、虎の巻更新をお楽しみに!

本記事は2016年10月31日に掲載されたもので、情報提供のみを目的としております。
記事の内容は、今後の見通しについての結果や情報の公正性、正確性、妥当性、完全性等を明示的にも、黙示的にも一切保証するものではありません。
さらに、かかる情報・意見等に依拠したことにより生じる一切の損害について、ワイジェイFX株式会社は一切責任を負いません。最終的な投資判断は、他の資料等も参考にしてご自身の判断でなさるようお願いいたします。
※コンテンツ、データ等の著作権はワイジェイFX株式会社に帰属します。私的利用の範囲内で使用し、無断転載、無断コピー等はおやめください。

関連する記事

投資にかかる手数料等およびリスクについて
当社ホームページ記載の金融商品へのご投資には、商品ごとに所定の手数料等をご負担いただく場合があります。各商品には価格の変動による損失が生じるおそれがあります。また、店頭外国為替証拠金取引をお取引いただく場合は、当社所定の証拠金が必要となり、元本を超える損失が生じるおそれがあります。なお、商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、当該商品等の「契約締結前交付書面」、「契約締結時交付書面」及び「目論見書」等をよくお読み頂き、それら内容をご理解の上、ご自身の判断と責任において、自己の計算によりお取引を行ってください。

FX・バイナリーオプションならヤフーグループのYJFX!
ワイジェイFX株式会社はヤフー株式会社
(東証一部上場 4689)のグループ企業です。
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第271号
加入協会 日本証券業協会 
一般社団法人金融先物取引業協会 
一般社団法人日本投資顧問業協会

YJFX! from Yahoo! JAPAN