スペシャル・トレンドレポート

ニュージーランドの反撃、キウイは0.6900へと反発開始!(西原 宏一氏)

2019年11月27日

1)米ドル円は狭いレンジでの膠着、ポンドの上昇トレンドは変わらず

早いもので、今年も残りわずかとなった。
2019年のドル円はわずか8円にも満たないレンジ圏でのもみ合いに終始。
本邦機関投資家からの「ドル買い円売り需要」と、FRBの連続利下げによる「ドル売り圧力」がドルの需給を拮抗させ、米ドル円は方向感なく、105~110円の狭いレンジに落ち込んでいる。

そのため、多くのマーケット参加者の視線は動かない米ドル円から、他の通貨ペアに向かっている。

マーケットにテーマがあると言う意味で最も注目を集めているのが、先月このレポートでも取り上げたポンド。

ボリス・ジョンソン首相の高度な政治手腕により、イギリスは「no deal Brexit」を回避。
そして「合意あるBrexit」に向けて邁進中。
呼応してポンドドルは10月初頭の1.22台から1.30台まで急反発。
1.3000台回復に少々時間を要しているが、ゴールドマン・サックスやモルガン・スタンレーといった大手米銀もポンドドルについては2020年初頭に向けて強気継続。

モルガン・スタンレーはターゲットを1.4000として、ポンドドルのlong(買い)を推奨しているようだ。

2)RBNZが緩和合戦離脱!
キウイは上昇トレンドに

そのポンドに次いで、市場の注目を集めているのがキウイ(= ニュージーランドドル)。
今月初旬にマーケットを驚かせたのがRBNZ(=ニュージーランド準備銀行)の金融政策。

11月13日(水)日本時間10時に、RBNZの金融政策決定会合の結果が発表された。
結果は、市場の大方の予想に反して、政策金利を据え置き。

そもそもRBNZは2014年から2015年にかけて政策金利を3.5%まで高めていたが、その後利下げを繰り返し、2016年から今年初めまで1.75%を長く維持していた。それが今年に入り米中貿易戦争の影響による世界経済縮小懸念から再び利下げに動いてきた。

(添付図は2011年1月から2019年11月のRBNZ政策金利推移=筆者作成)

もともと、今回のRBNZの金融政策に関しては、利下げと据え置きで見方が分かれていた。
しかし、11月6日(水)発表のNZ第3四半期雇用統計が弱い結果に終わったこと。加えて、11月12日(火)のNZ中銀四半期インフレ見通し発表で、見通しの引き下げが行われたことなどの材料が重なり、発表直前のOIS(Overnight Index Swap=翌日物金利スワップ)での利下げ織り込み度は、72.3%まで高まっていた。市場の多数はRBNZが利下げに動くと考えていたわけだ。

ところが、結果は据え置き。
NZドル米ドル(NZDUSD)は金融政策発表後0.6330ドルレベルから、一気に0.6400ドル台まで急騰。

RBNZは、今後の金融政策についてはデータ次第と強調しているため、いずれ利下げせざるを得ないと見る市場参加者が多数。

ただニュージーランドの金利先物市場によれば、来年の3月までにRBNZが0.25%利下げすることを50%も織り込んでおらず、極めて流動的。

図表:IMMより筆者作成

加えてIMM(国際通貨先物市場)によれば、キウイのpositionはまだかなりキウイ売りに偏っている。

チャート:筆者作成

11月19日に終わった週のデータによれば、投機家のキウイのネットショートは10月上旬の記録的な42,474のshortから減少したが、依然として35,099という大幅なネットショートのままであることから、キウイ売りに傾いている反動で、キウイの上値余地は拡大中。

ここでキウイのチャートをチェックしてよう。
添付図はキウイドル(NZDUSD)の日足。

チャート:筆者作成

Bloombergでは、キウイは10月1日に0.6204という安値まで到達。
筆者が頻繁に使用しているTD-シーケンシャルというオシレーターでは10月初旬にカウントダウンの13を点灯し、ボトムアウトを示唆。

そして前述のようにRBNZが政策金利を据え置いたことをきっかけに、キウイドルはボトムアウトから上昇トレンドに入り、一気に0.6400台まで反発。

その後は0.6400レベルでもみあっているが、前述のように、RBNZの政策金利が緩和傾向から中立に戻る可能性が高くなったこと、そしてIMMのpositionがかなりキウイshortに傾いていることから、キウイは7月19日に到達した高値である0.6791へと反発する公算が高まっている。

いくつかの大手米銀も2020年の注目通貨のひとつにキウイを取り上げている。

例えば、モルガン・スタンレーは2020年の注目通貨のひとつにキウイをピックアップ。キウイドルのlongを推奨しており、そのターゲットは0.6900としているようだ。

こうした年間の予測は、新しい年が始まる前、つまり年末年始の方が予測の精度が高い傾向がある。
そのため今年の年末に向け、ポンドドルに加え、キウイの反発にも注目。

YJFXのMT4で表示した日足のディナポリチャートでも、3本の移動平均線の上側となりつつあり、上昇の可能性が示されている。

チャート:YJFXMT4チャート

昨年の米ドル円も大きな動きはなかったが、新年早々のフラッシュクラッシュで米ドル円は急落。前述のモルガン・スタンレーによる2019年の米ドル円の目標値の104円台に、一気に到達したのは多くのトレーダーの記憶に残るところである。

来年に向けて注目通貨としてピックアップされているキウイの動きに注目。

西原 宏一氏プロフィール

西原 宏一(にしはら こういち)
株式会社CKキャピタル代表取締役・CEO
青山学院大学卒業後、1985年大手米系銀行のシティバンク東京支店入行。1996年まで同行為替部門チーフトレーダーとして在籍。その後活躍の場を海外へ移し、ドイツ銀行ロンドン支店でジャパンデスク・ヘッド、シンガポール開発銀行シンガポール本店でプロプライアタリー・ディーラー等を歴任し、現在(株)CKキャピタルの代表取締役。ロンドン、シンガポールのファンドとの交流が深い。

本記事は2019年11月27日に掲載されたもので、情報提供のみを目的としております。
記事の内容は、西原宏一氏の個人的な見解かつ、掲載当日のものになるため、今後の見通しについての結果や情報の公正性、正確性、妥当性、完全性等を明示的にも、黙示的にも一切保証するものではありません。また、記事内のデータは、あくまでも過去の実績であり、将来の市場環境の変動などを保証するものではありません。
さらに、かかる情報・意見等に依拠したことにより生じる一切の損害について株式会社CKキャピタル、およびワイジェイFX株式会社は一切責任を負いません。最終的な投資判断は、他の資料等も参考にしてご自身の判断でなさるようお願いいたします。
※コンテンツ、データ等の著作権はワイジェイFX株式会社に帰属します。私的利用の範囲内で使用し、無断転載、無断コピー等はおやめください。

YJFX!口座開設者限定コンテンツ「プレミアムレポート」のご紹介

為替業界の著名人や当社のマーケット分析を担当するスペシャリストが執筆したYJFX!のためだけの限定レポートです。PCの取引画面やCymoアプリからご利用いただけます。

みんなのオーダー

YJFX!で取引されているお客さまのポジション状況をグラフ化し毎日更新しています。

YJFX!オリジナル ウィークリーレポート

証券アナリストの資格を持つYJFX!マーケット分析チームが前週の振り返りと今週の注目ポイントをわかりやすく説明しています。

スペシャルレポート

為替トレーダーやアカデミー講師のスペシャルレポートが読めるのはここだけ!他では読むことができない限定レポートをご提供!

プレミアムレポート閲覧方法

ご覧いただくには外貨exの口座をお持ちいただく必要があります。

外貨exの口座をお持ちの方

【スマートフォンをご利用のお客さま】
>Cymoアプリのダウンロードはこちら
①「Cymoアプリ」にログイン
②「ニュース」→「プレミアムレポート」

【パソコンからをご利用のお客さま】
>パソコン版取引画面へのログインはこちら
①取引画面にログイン
②左側メニュー「投資ツール」→「ニュース・レポート」→「プレミアムレポート」

外貨exの口座をまだお持ちでない方

新規口座開設(無料)はこちら

関連する記事

投資にかかる手数料等およびリスクについて
当社ホームページ記載の金融商品へのご投資には、商品ごとに所定の手数料等をご負担いただく場合があります。各商品には価格の変動による損失が生じるおそれがあります。また、店頭外国為替証拠金取引をお取引いただく場合は、当社所定の証拠金が必要となり、元本を超える損失が生じるおそれがあります。なお、商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、当該商品等の「契約締結前交付書面」、「契約締結時交付書面」及び「目論見書」等をよくお読み頂き、それら内容をご理解の上、ご自身の判断と責任において、自己の計算によりお取引を行ってください。

FX・バイナリーオプションならヤフーグループのYJFX!
ワイジェイFX株式会社は
ヤフー株式会社のグループ企業です。
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第271号
加入協会 日本証券業協会 
一般社団法人金融先物取引業協会 
一般社団法人日本投資顧問業協会

YJFX! from Yahoo! JAPAN