スペシャル・トレンドレポート

今年のユーロは買い通貨?! 1/25のECB理事会に注目(松崎 美子氏)

2018年1月24日

1月25日(木)に欧州中銀(ECB)金融政策理事会が開催される。今年のマーケットの人気通貨であるユーロの上昇についてけん制発言も出てきていて、今週木曜日のドラギ総裁定例記者会見に注目が集まるだろう。

ユーロ高けん制発言

1月16日(火)、3名のECB理事達がユーロ高けん制とも受け取れるコメントをしている。

  • ノボトニー・オーストリア中銀総裁(中立)
    「the Euro must be observed
    最近のユーロ高の動きを考えると、今後も監視が必要だ。」
  • コンスタンシオECB副総裁(ハト派)
    「I am concerned about sudden movements which don‘t reflect changes in fundamentals.
    ファンダメンタルズの動向の変化を反映しない 急激な動きについて、懸念している。」
  • ビルロワドガロー仏中銀総裁(ややハト派)
    「The recent evolution of the exchange rate is a source of uncertainty which requires monitoring
    ユーロの最近の上昇は不確実性の源であり、インフレを押し下げかねないため、監視が必要だ。」

ハト派もいれば中立の理事もいるが、同じ日に一斉に発言が出たのには、驚いた。

ユーロ高を測る

そこで、現在のユーロは「どのくらい強くなっているのか?」それを調べるために、実効レートをチェックしたところ、昨年5月に過去の高値を上抜けし、上昇に弾みがついた形になっていた。

チャート:ECBホームページ

ユーロ単体では強くなっているのが判ったが、各通貨に対する強弱を知りたいので、最新版のECB経済報告書(旧月報)を読んでみると、このチャートが載っていた。黄色いグラフは1年前からの、青いグラフは3カ月前からの変動率(%)。一部の通貨を除き、ほとんどの通貨に対してユーロが強くなっていることが確認できる。

チャート:欧州中銀経済報告書(旧月報) 2017年12月28日号

通貨高によるユーロ圏経済への影響は?

これだけユーロ高になれば、当然インフレ率や貿易に影響がでて当然だろう。そこで、通貨高とインフレ率や貿易に対する影響力をまとめると、

  • インフレ率
    通貨高になると輸入品の価格が下がり、国内の物価も下がり気味となるため、インフレ率は低下する傾向がある。
  • 貿易
    日本を例に例えると、輸出をして受け取った代金(米ドル)を円に換えるため、通貨高(円高)になると手取りの円の額が少なくなり、輸出業者にとって不利になる。

つまり、ユーロ圏にとっても、昨年からのユーロ高により、インフレ率の上昇は難しくなり、貿易面でも不利になっていることが想定される。果たして現実は、どうだろうか?

ユーロ高とインフレ率

経済報告書に載っていたインフレ率から食料品やエネルギーなどを除いたコア・インフレ率の予想チャートを見てみよう。

チャート:欧州中銀経済報告書(旧月報) 2017年12月28日号

赤く丸をつけた部分が、ユーロが大きく上昇に転じた時期であり、やはりコア・インフレ率はこの時期を境に、低下傾向がはっきりしてきている。

ユーロ高と貿易関係

次は、最近のユーロ高を受け、貿易が落ち込んでいるかについて調べてみよう。このチャートも経済報告書からの引用で、赤い丸の部分はユーロが大きく上昇した時期。驚いたことに、ユーロ高にもかかわらず貿易は拡大していた。

チャート:欧州中銀経済報告書(旧月報) 2017年12月28日号

経済報告書によると、2017Q3の貿易実績は、前年同期比+4.1%となり、6年ぶりの強さとなった。その最大要因は、特に中国とそれ以外のアジア地域への輸出が拡大したことで、この傾向は、今後も継続すると書かれていた。

つまり、インフレ率とは違い、貿易に関しては輸出先の地域の景気が拡大していれば、通貨高であっても影響は限定的であることが判った。

ここからのユーロについて考える

最後に、ここからのユーロについて考えてみよう。

個人的には、今年はユーロが買い通貨と認識しているが、過度のユーロ高は確実にECBからの牽制球が入るはずだ。その理由は、冒頭でも書いたが、通貨高はインフレ率を押し下げる要因となるからである。

ただし、ファンダメンタルズから見ると、ユーロ圏の経済は更に拡大するはずであり、急落するイメージは、なにか政治や財政面でネガティブなニュースが出ない限り、考えにくい。

これは、ユーロ圏のGDPと景況感指数の推移を表わしたチャートだが、景況感の上昇スピードが大きく、GDPが後追いして付いていくイメージを持っている。

チャート:欧州中銀経済報告書(旧月報) 2017年12月28日号

その場合は、ファンダメンタルズ的にはユーロは買い。ただし、インフレの芽を摘むかもしれない通貨高には、ECBは反対。この綱引きが、どうなるのか?そこが今年の相場の醍醐味とも言える。

これはあくまでも私の現在の予想であるが、ドラギ総裁がどのレベルでユーロ高に対し懸念を表明するか?それが今後のユーロの見通しを大きく左右することは間違いないだろう。とりあえず、それが判るのが1月25日(木)開催のECB理事会となるのか?

現時点では、「ユーロ/米ドル」の最初のターゲットとして、1.24ドルHigh/1.25台を想定している。

チャート:筆者作成

松崎 美子氏プロフィール

松崎 美子(まつざき よしこ)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18カ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年シティーにある米系投資銀行に転職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

本記事は2018年1月24日に掲載されたもので、情報提供のみを目的としております。
記事の内容は、松崎美子氏の個人的な見解かつ、掲載当日のものになるため、今後の見通しについての結果や情報の公正性、正確性、妥当性、完全性等を明示的にも、黙示的にも一切保証するものではありません。また、記事内のデータは、あくまでも過去の実績であり、将来の市場環境の変動などを保証するものではありません。
さらに、かかる情報・意見等に依拠したことにより生じる一切の損害について松崎美子氏、およびワイジェイFX株式会社は一切責任を負いません。最終的な投資判断は、他の資料等も参考にしてご自身の判断でなさるようお願いいたします。
※コンテンツ、データ等の著作権はワイジェイFX株式会社に帰属します。私的利用の範囲内で使用し、無断転載、無断コピー等はおやめください。

関連する記事

投資にかかる手数料等およびリスクについて
当社ホームページ記載の金融商品へのご投資には、商品ごとに所定の手数料等をご負担いただく場合があります。各商品には価格の変動による損失が生じるおそれがあります。また、店頭外国為替証拠金取引をお取引いただく場合は、当社所定の証拠金が必要となり、元本を超える損失が生じるおそれがあります。なお、商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、当該商品等の「契約締結前交付書面」、「契約締結時交付書面」及び「目論見書」等をよくお読み頂き、それら内容をご理解の上、ご自身の判断と責任において、自己の計算によりお取引を行ってください。

FX・バイナリーオプションならヤフーグループのYJFX!
ワイジェイFX株式会社はヤフー株式会社
(東証一部上場 4689)のグループ企業です。
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第271号
加入協会 日本証券業協会 
一般社団法人金融先物取引業協会 
一般社団法人日本投資顧問業協会

YJFX! from Yahoo! JAPAN