スペシャル・トレンドレポート

QE策終了へ傾斜の方向か?! 1/11ECB理事会議事要旨発表(松崎 美子氏)

2018年1月10日

クリスマスから長期休暇を取っていた海外勢も休みが明け、全員参加のマーケットがようやくスタートする。今週はいくつか重要指標の発表があるが、その中でも特に気になるのが、欧州中銀(ECB)の議事要旨だ。

昨年12月14日理事会の議事要旨発表

12月14日(木)に開催されたECB理事会の事前予想は、

  • 政策金利の据え置き
  • QE策についても10月26日(木)の理事会で詳細が発表済み
  • 3カ月に一度のマクロ経済予想「スタッフ予想」内容の変化

こんな感じであった。そして、ドラギ総裁の定例記者会見でも特に波乱となる言動はなく、「6~12カ月前と比較して、景気後退リスクは かなり軽減されてきた」「ユーロ圏のインフレ率がECBのインフレ目標に到達する自信は、数カ月前よりも高い」と、かなり前向きな発言が飛び出した。だが、この会合の前日に米連邦公開市場委員会(FOMC)が0.25%の利上げに踏み切ったため、「ユーロ/米ドル」は「ユーロ安/米ドル高」で、この週を終えている。

チャート:筆者作成

「ユーロ安/米ドル高」となった理由は、米国の利上げに加え、この日発表されたスタッフ予想の中で、2020年のインフレ見通しが1.7%となっていたことも挙げられよう。ECBインフレ目標は「2%に近いが2%以下」であるため、少なくとも将来のインフレ見通しが1.9~2%にならない限り、緩和策継続の可能性が残るからである。

データ: ECBスタッフ予想 2017年12月14日

年末年始のECB関係者の発言

年末年始にかけて、ECB関係者4名がインタビューなどで、QE策に対する自身の考えを披露した。タカ派のバイトマン独連銀総裁がQE終了を支持する発言をすることは当然とも言えるが、ハト派/中立勢のクーレ理事やノボトニー・オーストリア中銀総裁がQE打ち切りに前向きな発言をしたことに、驚きを感じている。

上図:筆者作成

その中でも特に、メルシュECB理事の「QE延長をしないのであれば、夏前にそれを市場に伝えるべきだ」という発言には驚いた。私自身も早ければ夏前のECB理事会で、何らかの示唆があると考えていたが、ここまで明確に理事自身が発表時期を設定し、それを公表することは、かなり異例なことかもしれない。もし、この発言通りとなった場合、発表するのが夏前というのであれば、春以降の理事会で「QE終了時期」に関するコンセンサスが、徐々に出来上がってくることも考えられる。

メルシュ理事のインタビュー内容: ECBホームページ

シカゴ先物市場のポジションの偏り

QE終了が現実味を増してくるのであれば、当然ユーロは更に上昇することになる。今年のコンセンサスは、ユーロ上昇であるし、実際にシカゴIMM通貨先物ポジションを見ると、ユーロの買い持ち(ロング)は史上最高となっていて、35週連続買い残高が多い状況だ。いかにマーケットが、ユーロ上昇を狙っているのかが、伝わってくる。

チャート:Forex Watcherホームページ

それに対し、58週連続で売り越し(ショート)となっているのが、円である。つまり記録的なユーロ買い持ちと、これまた大量の円売り持ちが組み合わさって、「ユーロ買い/円売り」のポジションが相当溜まっていると予想される。

チャート:Forex Watcherホームページ

ここからのユーロ

私自身も3月4日(日)に予定されているイタリア総選挙の結果を見てから、ユーロの買いが適切であれば、参入しようと考えている。現時点では、年初からの1.21ドル台の重さが目に付いたため、1.20ドル台でショートを作っている。本当なら、IMMポジションが溜まりすぎている「ユーロ/円」でポジションを作るべきなのだろうが、私はどうも円クロスが苦手で、今回も対米ドルでユーロを売った。

これは、「ユーロ/米ドル」月足のチャートであるが、黄色くハイライトを入れたレベルは、2008年から2014年までずっと「サポート」として機能していた。そして、今はそこが重要な「レジスタンス」となっている。

6年間に渡り強烈なサポートとなっていたことを考えると、簡単に上抜けして急騰するには時間がかかるかもしれない。

チャート:筆者作成

もうひとつ、「ユーロ/米ドル」週足のチャートに200週移動平均線(SMA)を入れたものだが、200SMAと実際のレートとの乖離を見ると、重要なレジスタンス(赤い丸)にぶつかっていることがわかる。

チャート:筆者作成

過去の動きと同じであるのなら、少なくとも200週SMAが通る1.16ドル台までの下落があってもおかしくないが、最初のターゲットとして「ユーロ/米ドル」4時間足のベガス・トンネル(144/169EMA)が通る1.1886/99ドルレベルを目標にしたい。

注:このターゲットは4時間ごとに変更されるので、執筆時のターゲットは、1.1886/99ドルであるが、この記事が公開される時には、1.19ドル台まで上昇しているかもしれない。

松崎 美子氏プロフィール

松崎 美子(まつざき よしこ)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18カ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年シティーにある米系投資銀行に転職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

本記事は2018年1月10日に掲載されたもので、情報提供のみを目的としております。
記事の内容は、松崎美子氏の個人的な見解かつ、掲載当日のものになるため、今後の見通しについての結果や情報の公正性、正確性、妥当性、完全性等を明示的にも、黙示的にも一切保証するものではありません。また、記事内のデータは、あくまでも過去の実績であり、将来の市場環境の変動などを保証するものではありません。
さらに、かかる情報・意見等に依拠したことにより生じる一切の損害について松崎美子氏、およびワイジェイFX株式会社は一切責任を負いません。最終的な投資判断は、他の資料等も参考にしてご自身の判断でなさるようお願いいたします。
※コンテンツ、データ等の著作権はワイジェイFX株式会社に帰属します。私的利用の範囲内で使用し、無断転載、無断コピー等はおやめください。

関連する記事

投資にかかる手数料等およびリスクについて
当社ホームページ記載の金融商品へのご投資には、商品ごとに所定の手数料等をご負担いただく場合があります。各商品には価格の変動による損失が生じるおそれがあります。また、店頭外国為替証拠金取引をお取引いただく場合は、当社所定の証拠金が必要となり、元本を超える損失が生じるおそれがあります。なお、商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、当該商品等の「契約締結前交付書面」、「契約締結時交付書面」及び「目論見書」等をよくお読み頂き、それら内容をご理解の上、ご自身の判断と責任において、自己の計算によりお取引を行ってください。

FX・バイナリーオプションならヤフーグループのYJFX!
ワイジェイFX株式会社はヤフー株式会社
(東証一部上場 4689)のグループ企業です。
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第271号
加入協会 日本証券業協会 
一般社団法人金融先物取引業協会 
一般社団法人日本投資顧問業協会

YJFX! from Yahoo! JAPAN