スペシャル・トレンドレポート

「米ドル/円」106円台目標も、 反転パターンも視野に!(遠藤 寿保)

2017年4月20日

4月7日(金)に米国がシリアに空爆を行ってから、地政学的リスクによる影響で、「米ドル/円」の流れが大きく変わった。翌週の4月11日(火)には、核やミサイル武装を行う北朝鮮においても、対米国での緊張が高まっている事で、中東・朝鮮半島情勢における地政学的リスクを嫌気し、リスク回避の円買いとなり、「米ドル/円」は110円を割り込んだ。4月13日(木)には、米国がアフガニスタンのトンネル施設を攻撃、4月16日(日)には、北朝鮮がミサイルを発射(失敗に終わる)など、現時点においても朝鮮半島情勢はおさまらず、北朝鮮のミサイルが日本へ被弾する可能性もあり、暫くは、地政学的リスクから開放される事はないと予測する。実際に日本が有事に巻き込まれた場合、その度合いによるが、甚大な経済混乱となる可能性もある。

「米ドル/円」、下値目標は106円台か

テクニカル的に「米ドル/円」の下値を計測すると、2016年6月24日のブレクジットによる安値98.90円から、トランプ相場の2016年12月15日の高値118.66円までの上昇に対し、50.0%戻しの108.78円レベルを割り込んだ事から、61.8%戻しの106.45円レベルが、下値の目標となりそうだ。また、直近のポイントで測定した場合、先月3月10日(金)高値115.51円・3月27日(月)安値110.11円からの戻り高値を3月31日(金)の112.19円として、下値拡張すると、61.8%の108.85円を下抜けていて、100%の106.79円が目標となる。どちらにしても、106円台を意識する展開となりそうだ。

「米ドル/円」、反転のタイミングは?

過去、有事や天災により大きな経済ダメージが発生したとしても、マーケットが下げ続ける事は無く、いずれは反転の動きとなっている。仮に、朝鮮半島情勢が落ち着きを見せた場合、忘れてはいけないのが、FRBは金融引き締め中ということである。3月12日(水)、トランプ米大統領は、ドル高牽制発言と同時にFRBによる金融引き締めにも牽制発言を行ったが、それを打ち消すように18日(火)には、ムニューチン米財務長官が「強い米ドルは長期的には良いこと」との見解を示し、「米ドル/円」は109円台に回復した。対米国の金利差に再度マーケットが注目しだした時が、「米ドル円」における、反転のタイミングになるかもしれない。
過去の「米ドル/円」における大相場後の反転パターンだと、節目の高値(安値)から50%若しくは61.8%レベルで反転するパターンが多く、今回も同様の展開となれば、朝鮮半島情勢による売り圧力も107円台若しくは106円台で達成感がでるのではないかと予測する。

遠藤 寿保プロフィール

遠藤 寿保(えんどう としやす)
98年日本初のFX事業開始から、Web広告やセミナー運営、リスク管理啓蒙などFX業務全般に携わる。数多くの一般投資家と接しながら、現在、YJFX!にてFXエバンジェリストとして情報配信・FXコラム執筆・セミナー活動等を行っている。

本記事は2017年4月20日に掲載されたもので、情報提供のみを目的としております。
記事の内容は、遠藤寿保の個人的な見解かつ、掲載当日のものになるため、今後の見通しについての結果や情報の公正性、正確性、妥当性、完全性等を明示的にも、黙示的にも一切保証するものではありません。また、記事内のデータは、あくまでも過去の実績であり、将来の市場環境の変動などを保証するものではありません。
さらに、かかる情報・意見等に依拠したことにより生じる一切の損害についてワイジェイFX株式会社は一切責任を負いません。最終的な投資判断は、他の資料等も参考にしてご自身の判断でなさるようお願いいたします。
※コンテンツ、データ等の著作権はワイジェイFX株式会社に帰属します。私的利用の範囲内で使用し、無断転載、無断コピー等はおやめください。

関連する記事

投資にかかる手数料等およびリスクについて
当社ホームページ記載の金融商品へのご投資には、商品ごとに所定の手数料等をご負担いただく場合があります。各商品には価格の変動による損失が生じるおそれがあります。また、店頭外国為替証拠金取引をお取引いただく場合は、当社所定の証拠金が必要となり、元本を超える損失が生じるおそれがあります。なお、商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、当該商品等の「契約締結前交付書面」、「契約締結時交付書面」及び「目論見書」等をよくお読み頂き、それら内容をご理解の上、ご自身の判断と責任において、自己の計算によりお取引を行ってください。

FX・バイナリーオプションならヤフーグループのYJFX!
ワイジェイFX株式会社はヤフー株式会社
(東証一部上場 4689)のグループ企業です。
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第271号
加入協会 日本証券業協会 
一般社団法人金融先物取引業協会 
一般社団法人日本投資顧問業協会

YJFX! from Yahoo! JAPAN