スペシャル・トレンドレポート

1/24英最高裁からの判決! Brexitは議会承認へ(松崎 美子氏)

2017年1月26日

昨年6月に英国で実施されたEU離脱の是非を問う国民投票で、英国民は「EU離脱(Brexit)」を選択した。しかし、この結果には法的拘束力がないため、同年11月、高等法院は「EU離脱の正式な手続きを始めるにあたり、 EU 基本条約 50 条の行使には、議会の承認が必要」という判決を下している。この判決に不満を持ったメイ政権は、最高裁へ上訴し、その判決が今週火曜日24日に発表された。

(参照)http://www.yjfx.jp/report/ma/20161111_Lreport.pdf

この判決を巡って今後考えられる動きと、英ポンドへの影響について考えてみたい。

最高裁からの判決内容

1月24日(火)、英最高裁は、「EU基本条約50条行使には、議会の承認が必要」という判決を下した。昨年11月に高等法院が出した判決と全く同じである。最高裁には11人の裁判官がいるが、8対3での判決結果となった。政府側の敗訴は以前から予想されていたものの、11人の裁判官の投票配分には、これといったコンセンサスはなかった。最悪のシナリオは、「11人全員が政府側の主張を退ける【メイ首相完敗】」であったが、かろうじてそれは避けられた格好となった。

90ページ以上に及ぶ判決文では、「英議会は、50条行使にあたり、北アイルランドやスコットランド自治政府の合意は必要なし」という文言も見受けられる。どうしてこの文言が大きな意味をなしているかと言うと、1990年代後半に行われた地方議会設立時に、各地方政府へ権限委譲が行われた。その権限内容の変更を行う場合、彼らの同意を求める仕組み(スウル慣習:Sewel Convention)となっているため、最高裁では「50条行使に限っては、必要ない」と断った。

これにより、英議会はシングル・マーケット残留を強く望むスコットランド政府の介入に邪魔されず、50条行使に向けて動き出せる。

最高裁判決言い渡し時とその後の英ポンド相場

事前から政府の敗訴が予想されていたものの、判決文を読み始めると英ポンドは動意を見せ始めた。裁判長は4分57秒かけて、判決文を読み上げたが、政府の敗訴の発表があると、英ポンドは一旦上昇した。しかし、4分後に地方自治政府の合意は不要と伝わると、「スコットランドの合意が必要ないのであれば、ハードBrexitとなるのは確実だ」という思惑が広がり、英ポンドは下落に転じた。

予定通り3月31日(金)までに50条行使が出来るのか?

最高裁から判決を言い渡された日の午後、デービスBrexit担当相は議会で「3月31日(金)までに50条を行使する計画に変更なし。」とあらためて強調した。その後わかったことであるが、Brexit関連法案の修正案を今週木曜日(1月26日)に提出し、2月中旬までに議会で可決させるつもりのようだ。そうでなければ、3月末までに間に合わない。通常、新しい法案や修正案の審議→採決→議会での可決を取り付けるには、長い場合は1年くらいを要する。しかし、今回はそのような時間的余裕がないため、おそらく「緊急事態法」に基づき、2週間程度で議会での可決まで持っていくつもりのようだ。

(参照)https://www.gov.uk/government/news/supreme-court-ruling-on-article-50-statement

判決発表後の議会では、与野党の議員からいくつもの質問が出たが、それらを総合すると、自民党だけが50条行使に向け新たな国民投票の実施を要求しているほかは、ほとんどの議員は3月31日(金)までの行使に前向きである。

50条行使前の議会での採決予想

最高裁の判決を受け、50条行使に向け議会の採決が必要となった。下院は、総議席650のうち、保守党が329議席を占めていて、最大野党:労働党のほとんどの議員も3月末までの50条行使には賛成しているため、問題はないであろう。

しかし上院は全く別問題だ。上院における保守党の議席は過半数には遠く及ばず、採決を取った場合、問題が生じる懸念がある。しかし、上院議員は選挙で選ばれた人たちでないため、下院の採決に異議を唱える慣習がない。そのため、下院が大差をつけて可決すれば、上院も問題なしと見て間違いないというのが、英国でのコンセンサスとなっている。

ここからのマーケット

昨年11月の米大統領選以来、順調に進んでいた米ドル高相場。しかし、今年に入ってからは調整を強いられている。

そして、英ポンドは米ドルの調整にあわせるかのように、今年に入ってからは上昇に転じる機会が増えてきた。当面は、米ドルの動向を見極めながら、下落時のサポート/上昇時のレジスタンスとなった「英ポンド/米ドル」の1. 2780/2800(水色の点線)ドルレベルを意識しようと考えている。

松崎 美子氏プロフィール

松崎 美子(まつざき よしこ)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18カ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年シティーにある米系投資銀行に転職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

本記事は2017年1月26日に掲載されたもので、情報提供のみを目的としております。
記事の内容は、松崎美子氏の個人的な見解かつ、掲載当日のものになるため、今後の見通しについての結果や情報の公正性、正確性、妥当性、完全性等を明示的にも、黙示的にも一切保証するものではありません。また、記事内のデータは、あくまでも過去の実績であり、将来の市場環境の変動などを保証するものではありません。
さらに、かかる情報・意見等に依拠したことにより生じる一切の損害について松崎美子氏、およびワイジェイFX株式会社は一切責任を負いません。最終的な投資判断は、他の資料等も参考にしてご自身の判断でなさるようお願いいたします。
※コンテンツ、データ等の著作権はワイジェイFX株式会社に帰属します。私的利用の範囲内で使用し、無断転載、無断コピー等はおやめください。

関連する記事

投資にかかる手数料等およびリスクについて
当社ホームページ記載の金融商品へのご投資には、商品ごとに所定の手数料等をご負担いただく場合があります。各商品には価格の変動による損失が生じるおそれがあります。また、店頭外国為替証拠金取引をお取引いただく場合は、当社所定の証拠金が必要となり、元本を超える損失が生じるおそれがあります。なお、商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、当該商品等の「契約締結前交付書面」、「契約締結時交付書面」及び「目論見書」等をよくお読み頂き、それら内容をご理解の上、ご自身の判断と責任において、自己の計算によりお取引を行ってください。

FX・バイナリーオプションならヤフーグループのYJFX!
ワイジェイFX株式会社はヤフー株式会社
(東証一部上場 4689)のグループ企業です。
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第271号
加入協会 日本証券業協会 
一般社団法人金融先物取引業協会 
一般社団法人日本投資顧問業協会

YJFX! from Yahoo! JAPAN