スペシャル・トレンドレポート

12月ECBで追加緩和か?! 「ユーロ/米ドル」一段安も(松崎 美子氏)

2016年11月24日

先週金曜日、欧州中銀(ECB)のドラギ総裁が爆弾発言をした。これにより、マーケット参加者は「ECBテーパリングの夢」から一気に冷め、新たな追加緩和を織り込みに動き、結果としてユーロは大きく下落した。

ドラギ総裁発言の内容

11月18日(金)にフランクフルトで開催された銀行関係者の会議で、ドラギ総裁は3つの問題点を明確にした。1つは、「欧州の銀行の収益性が低い点」、2つめは「インフレ率が低い点」、そして3つめは「ユーロ圏経済は、いつまで経ってもECBの緩和政策頼みから抜け出せない点」である。特に2つめのインフレ率に関しては、最近上昇しているように見えるが、上昇のほとんどは昨年以前に下がった原油価格の調整分であり、新規の「インフレ要因」が全く見当たらないと手厳しい分析を披露した。

マーケットでは来年早々にも、ECBがテーパリング(量的緩和策QEの縮小)に動く可能性を考えていただけに、この発言を受け、早ければ次回12月の理事会で追加緩和が実施される可能性を織り込みにいった。

現在予想されている12月の追加緩和の方法は、

  • 国債購入プログラムの3~6カ月の延長
  • 国債購入額を増やすための条件変更
  • 社債購入で、銀行の社債の割り当てを増やす
  • 国債/社債に続き、株式も購入??

などが挙がっている。

ユーロ実効レート急落

この日のドラギ総裁の発言に大きく反応したのが、他でもないユーロ実効レートである。これがそのチャートであるが、夏からずっと黄緑色の上昇チャネルに乗っかっていたが、11月に入ると一転して下落に転じた。そして先週のドラギ発言を受け、今年3月から続いたレンジ(オレンジ点線の枠内)下限ギリギリまできそうな勢いだ。ひとまず、レンジの下限と94ポイントで下げ止まるのか、目が離せない。

最近の為替相場は、トランプ米大統領候補の当選を受け、景気浮揚効果を先取りした形で米ドルが上昇している。その結果、ユーロや英ポンドは対米ドルで苦戦を強いられてきた。しかし、先週金曜日の動きは、米ドルの上昇だけでなくユーロの下落そのものも加わり、「ユーロ/米ドル」は10日連続の陰線で引けた。

トランプ効果

私があらためて書くまでもなく、トランプ候補の当選が決まってからのマーケットは、同候補の経済政策「Trumponomics:トランポノミクス」の景気浮揚効果を先取りした形で米ドル高が進んでいる。この「トランポノミクス」は、3本の柱(アベノミクスを引用するのであれば、3本の矢)で成り立っている。それは、以下の通りである。

  1. 1.
    減税
    所得税減税・法人税減税・資金還流促進特別税制など。
  2. 2.
    インフラ整備投資の推進
  3. 3.
    規制緩和

これら3本の柱(矢)をテコにして、米国の景気を刺激していくため、「景気刺激策 → 景気浮揚 → インフレ懸念台頭 → 長期金利上昇 → 米ドル高」というシナリオに乗っかり、米ドル高が継続してきた。

しかし、この経済政策には、盲点がある。それは景気刺激策に使われる財源を明確にしていないことである。

その場合、唯一考えられる財源は「借金(国債の増発)」となる。そうなると、「米国の国債増発 → 国債量が増える → 投資魅力が下がる → 国債価格下落 → 長期金利上昇の可能性 → 米ドル高」となるが、最初に挙げた例が「良い米ドル高」とすれば、2番目は「悪い米ドル高」といってもよいだろう。悪い米ドル高は度がすぎると、アメリカの格下げに繋がるだけに、油断大敵である。

「ユーロ/米ドル」ここからのマーケット

さて、今週は11月23日(水)が日本市場休場、そして翌日はアメリカが感謝祭で祝日。そして11月25日(金)はアメリカのクリスマス商戦の「やる気」を占う上で欠かせないブラック・フライデーと続く。私としては、11月24日(木)の感謝祭に向けて、米ドル高の調整が入る可能性を考えている。

ここでは「ユーロ/米ドル」週足のチャートを載せたが、日足を見ると先週金曜日まで、10日間連続で陰線を出している。予想通りに米ドル高の調整が入るのであれば、黄緑の線を入れた1.0800ドルくらいまで戻してもおかしくはない。しかし、その調整が終われば、来年の「欧州選挙年」に向けた不透明感を反映し、ジリジリ下げると予想している。ターゲットとしては、フィボナッチ・ターゲットが通る1.03989ドル (138%)、そして1.02316ドル (161.8%) あたりを考えている。

ブラック・フライデー=感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。 伝統的に1年で買い物が最も行われるクリスマス商戦(ホリデーシーズン)の開始の日であり、小売店の売り上げが黒字になることから、こう呼ばれる。

松崎 美子氏プロフィール

松崎 美子(まつざき よしこ)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18カ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年シティーにある米系投資銀行に転職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

本記事は2016年11月24日に掲載されたもので、情報提供のみを目的としております。
記事の内容は、松崎美子氏の個人的な見解かつ、掲載当日のものになるため、今後の見通しについての結果や情報の公正性、正確性、妥当性、完全性等を明示的にも、黙示的にも一切保証するものではありません。また、記事内のデータは、あくまでも過去の実績であり、将来の市場環境の変動などを保証するものではありません。
さらに、かかる情報・意見等に依拠したことにより生じる一切の損害について松崎美子氏、およびワイジェイFX株式会社は一切責任を負いません。最終的な投資判断は、他の資料等も参考にしてご自身の判断でなさるようお願いいたします。
※コンテンツ、データ等の著作権はワイジェイFX株式会社に帰属します。私的利用の範囲内で使用し、無断転載、無断コピー等はおやめください。

関連する記事

投資にかかる手数料等およびリスクについて
当社ホームページ記載の金融商品へのご投資には、商品ごとに所定の手数料等をご負担いただく場合があります。各商品には価格の変動による損失が生じるおそれがあります。また、店頭外国為替証拠金取引をお取引いただく場合は、当社所定の証拠金が必要となり、元本を超える損失が生じるおそれがあります。なお、商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、当該商品等の「契約締結前交付書面」、「契約締結時交付書面」及び「目論見書」等をよくお読み頂き、それら内容をご理解の上、ご自身の判断と責任において、自己の計算によりお取引を行ってください。

FX・バイナリーオプションならヤフーグループのYJFX!
ワイジェイFX株式会社はヤフー株式会社
(東証一部上場 4689)のグループ企業です。
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第271号
加入協会 日本証券業協会 
一般社団法人金融先物取引業協会 
一般社団法人日本投資顧問業協会

YJFX! from Yahoo! JAPAN