なっとく!FX/遠藤寿保

チャートパターンと投資配分・リスクリワード

目次

今回は「チャートパターン」、「投資配分・リスクリワード」の2つについて紹介します。

チャートパターン

チャートパターンとは

  • チャートとは、過去の値動きをつなぎ合わせたもの
  • チャートパターンとは、複数本のチャートの集合体
  • チャートパターンは、過去のパターン(形状)と同じものが繰り返される場合がある
  • パターン認識からシグナル・AI(人工知能)トレードもある
  • チャートもチャートパターンも、参加者の思惑で作られる

天底に現れる反転系パターン

  • ダブルトップ:天井(高値)をつけ反落した後、再び同水準の天井(高値)をつけた後、下落に転じるパターン
  • ダブルボトム:底(安値)をつけ反発した後、再び同水準の底(安値)をつけた後、上昇に転じるパターン
  • トリプルトップ:天井(高値)をつけ反落した後、再び同水準の天井(高値)をつけ反発した後、下落に転じるパターン
  • トリプルボトム:底(安値)をつけ反発した後、再び同水準の底(安値)をつけ反発した後、上昇に転じるパターン
  • ヘッドアンドショルダー:典型的な天井(高値をつけて下落に転じるポイント)の形を示し、「肩→頭←肩」の形に見えることからヘッドアンドショルダーと呼ばれるパターン
  • ヘッドアンドショルダーリバース:典型的な底(安値をつけて上昇に転じるポイント)の形を示し、ヘッドアンドショルダーの逆パターン
  • 反転目標値(天底に現れる反転の目標):大底からネックラインまでと同じ値幅まで上がって行く可能性が高いと言われている

ブレイク系パターン

  • 三角持ち合い:高値から高値への線と安値から安値への線を引き、その両方の線の間が狭まってから枠をブレイクするパターン
  • フラッグ:高値と安値の枠からブレイクするパターン
  • ウェッジ(くさび):高値から高値への線と安値から安値への線を引き、その両方の線の間が狭まってから枠をブレイクするパターン
  • ブレイク系目標値:最初の高い所と最初の安い所の間の幅がブレイクした所から同じだけブレイクすると言われている

投資配分・リスクリワード

ポイント

  • 投資配分は資産目標の設計から始める
  • 取引スペックを確認する
  • 直近の値動きや値幅を確認し、損益計算をする
  • 一定期間の利益目標を決める
  • 複数回取引できる取引金額配分をする
  • チャンス場面で利幅を伸ばす
  • 損決済で、トータル資産をコントロールする

最初に

  • 投資配分は資産目標の設計から始める
  • 絶対損をしたくないという考えはNG、損をするケースが半分と考える
  • 例1:50万円の投資金で100万円の利益を目標とする場合、残高全てが無くなることを覚悟する
  • 例2:100万円の投資金で50万円の利益を目標とする場合、50万円の損失までは許容する
  • 利益と損失は表裏一体であることを理解する

取引スペックの確認

  • 取引に必要な金額と口座内の余剰額を必ず把握する

当社外貨exの場合(2017年3月23日現在)
<1万通貨を取引する場合の必要証拠金>

  • 米ドル/円:45,000円
  • ユーロ/円:49,000円
  • 豪ドル/円:35,000円
  • 英ポンド/円:56,000円
  • ユーロ/米ドル:49,000円
  • 豪ドル/米ドル:35,000円
  • 英ポンド/米ドル:56,000円

直近の値動きや値幅を確認し、損益計算をする

  • 目標利益額に対してどれだけ利幅が必要かどうかを計算する
  • 利益額÷取引量=利益幅
  • 日足、週足の変動幅(高値安値差)平均

※当社外貨ex日足と週足の変動幅を2017年3月23日~過去400本分を集計した表

例1:50万円の投資金で100万円の利益を目標とした場合のポイント

  • 5万通貨で、勝率を上げる
  • 5万通貨で、利幅を伸ばす
  • 資産が増えた段階で取引量を上げる

例2:100万円の投資金で50万円の利益を目標とした場合のポイント

  • 10万通貨で、勝率を上げる
  • 10万通貨で、利幅を伸ばす

リスクリワード(利益と損失のバランス)

  • 実際には、勝率を上げるのではなく、損失を抑えて、利益を伸ばすことが重要

まとめ

  • チャートパターンは過去のパターン(形状)と同じものが繰り返される場合があるが、実際にはチャートもチャートパターンも参加者の思惑で作られるため、同じ思惑が多いほど、同じ方向に動く場合が多く、その後反転する場合がある
  • 投資配分は資産目標の設定から始める
  • 取引をする場合、資金はどれほど必要か口座内の余剰額はいくらになるのかといった取引スペックを確認する
  • 直近の値動きや値幅を確認してあらかじめ損益計算する
  • 一定期間の利益目標を決める
  • 損失が続けば同じ取引量での取引ができなくなってしまうので、少なくとも3回連続損失が続いても同じ取引量で取引できる取引額が望ましい
  • 利益幅を決めていてもチャンス場面となれば思い切って利幅を伸ばすことも重要
  • リスクリワードを念頭に置いて損失と利益のバランスを考えてトータルの資産コントロールをする

映像でもっとFXを学ぼう

今回のテーマについて、遠藤氏によるオンラインセミナー動画をご紹介します。
実際のチャートを見ながら、実戦的な解説を聞くことができますので、ぜひご覧ください。

講師紹介

遠藤 寿保(えんどう としやす)
98年日本初のFX事業開始から、Web広告やセミナー運営、リスク管理啓蒙などFX業務全般に携わる。数多くの一般投資家と接しながら、現在、YJFX!にてFXエバンジェリストとして情報配信・FXコラム執筆・セミナー活動等を行っている。

※この記事は2017年6月1日に執筆されたものです。

本セミナーは2017年3月30日に実施したもので、情報提供のみを目的としております。
セミナーの内容及び資料は、遠藤寿保の個人的な見解かつ、開催当日のものになるため、今後の見通しについての結果や情報の公正性、正確性、妥当性、完全性等を明示的にも、黙示的にも一切保証するものではありません。また、資料内のデータは、あくまでも過去の実績であり、将来の市場環境の変動などを保証するものではありません。
さらに、かかる情報・意見等に依拠したことにより生じる一切の損害についてワイジェイFX株式会社は一切責任を負いません。最終的な投資判断は、他の資料等も参考にしてご自身の判断でなさるようお願いいたします。
※配信動画は、予告なく終了することがあります。
※コンテンツ、データ等の著作権はワイジェイFX株式会社に帰属します。無断転載、無断コピー等はおやめください。

関連する記事

投資にかかる手数料等およびリスクについて
当社ホームページ記載の金融商品へのご投資には、商品ごとに所定の手数料等をご負担いただく場合があります。各商品には価格の変動による損失が生じるおそれがあります。また、店頭外国為替証拠金取引をお取引いただく場合は、当社所定の証拠金が必要となり、元本を超える損失が生じるおそれがあります。なお、商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、当該商品等の「契約締結前交付書面」、「契約締結時交付書面」及び「目論見書」等をよくお読み頂き、それら内容をご理解の上、ご自身の判断と責任において、自己の計算によりお取引を行ってください。

FX・バイナリーオプションならヤフーグループのYJFX!
ワイジェイFX株式会社はヤフー株式会社
(東証一部上場 4689)のグループ企業です。
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第271号
加入協会 日本証券業協会 
一般社団法人金融先物取引業協会 
一般社団法人日本投資顧問業協会

YJFX! from Yahoo! JAPAN