なっとく!FX/遠藤寿保

注文の種類を学び、シナリオを描く

目次

今回は、FXの注文方法とシナリオの描き方を学びます。FXには目的に応じてさまざまな注文方法があります。それらをきちんと理解することで、柔軟な取引を実現できます。また、取引シナリオは、エントリー前に必ず描いておきたいもの。万が一のケースも踏まえたシナリオを用意しておくことで、イザという場合にも慌てずに対応できます。

FXの注文の種類

成行(リアルタイム)注文

相場の様子を見ながら、手動で売買を行う注文方法です。もっとも基本的な注文方法です。

指値注文

条件をつけた注文方法のひとつ。現在の価格で取引するのではなく、指定の価格より高くなったら「売り」、指定の価格より安くなったら「買い」の注文が自動的に発注される注文方法です。

遠藤アドバイス

指値注文をする際は、理想的な価格から、少し内側の価格で注文することがポイントです。こうしておくことで、注文する前に相場が反転する、ということを防ぎ、確実な約定を目指します。

逆指値注文

条件をつけた注文方法のひとつ。指値注文とは逆に、指定の価格より高くなったら「買い」、指定の価格より安くなったら「売り」の注文が自動的に発注される注文方法です。

遠藤アドバイス

逆指値注文でも確実な約定を目指すために、理想的な価格から、少し外側の価格で注文することがポイントです。

複合注文の種類

IFD注文:2つの注文を同時に出して、片方が約定したら、もう片方も自動注文

OCO注文:2つの注文を同時に出して、片方が約定したら、もう片方は取り消し

IFO注文:IFD注文+OCO注文。3つの注文を同時にだして、IFD注文が約定した後に、自動的にOCO注文を行う

YJFX!で使える便利な注文機能

ワンタッチ注文:新規決済の区別なし。ワンクリックで完了

全決済注文:全てのポジションを一括で決済

通貨毎全決済注文:個別通貨を一括で決済

トレール注文:利食いのストップが自動更新

リピートトレール注文:自動途転注文

エントリー、イグジットのシナリオの考え方・作り方

FXを上達していく上では、取引のシナリオを作ることが欠かせません。最初はなかなか難しいと思いますが、相場の動きを予想し、実践し、仮に失敗しても修正していくことでシナリオ作りは徐々に正確になっていきます。シナリオが作れると、急な相場の動きに対応ができるようになりますので、ぜひ挑戦してみてください。

  1. 1.
    先々の方向性を予想
    経済レポートなどを参考にして、今後の相場の動きを予想する
  2. 2.
    予想のイメージからエントリーポイントを見つける
    反発が予想されるなら押し目買い(指値)、伸びそうなら上抜け買い(逆指値)といったエントリーポイントを発見します
  3. 3.
    予想イメージのイグジットを決定
    チャートの節目近辺でイグジットポイントを決めます
  4. 4.
    損益で指値を決定
    ポジション量と利幅からイグジットレベルを決定する

遠藤のエントリー作成例

  1. 1.
    ファンダメンタルの考察・蓄積
    各種経済レポートと前日の値動きをチェック
    上記の情報をチャートと照らし合わせながら読み解く(記録をとっておくと参考になります)
  2. 2.
    中長期(日足、週足レベル)チャートでトレードポイントを探る
    サポートライン、レジスタンスライン、節目の高値安値のチェック
    フィボナッチによる計測
  3. 3.
    逆シナリオの作成
    思い込みの排除とサプライズに対処

実際のチャートで遠藤がシナリオを立てる様子を見てみましょう。

遠藤アドバイス

シナリオ作りの際、3つ大切なことがあります。ひとつ目は予想外れをイメージしておくこと。いつも思い通りのトレードができるとは限りません。外れることも想像しておくことで次の手を検討できます。二つ目は損益の計算をしておくこと。期待利益額と許容損失額を、具体的な金額にしておくことで、資産管理を容易にします。最後は、予測不可能なときはやらない。これはとても重要なことで、シナリオが立てられないときは、やらない、という決断をするということです。闇雲に動くより、きちんとシナリオを立てて動くよう心がけてください。

まとめ

  • 基本的なFXの注文方法は、成行注文、指値・逆指値注文がある
  • 複数の自動注文を発注する場合は、IFD、OCO、IFOを利用する
  • ポジションを持つ前に、シナリオを作ることが非常に重要
  • 将来の予測、エントリーポイントの検討、イグジットポイントの決定、イグジットレベルの決定を常に行う
  • シナリオづくりで大切なことは、予想外れをイメージしておくこと、損益の計算をしておくこと、予想不可能な場合はやらないという決断をすること

遠藤アドバイス

シナリオづくりは、かなり経験がものを言います。1日5分、10分でもいいですから、経済情報をもとに、今後の相場の動きを予想し、それを記録して蓄積していってください。最初はなかなか大変かと思いますが、その繰り返しがあなたの相場観を養ってくれます。ぜひお試しください。

映像でもっとFXを学ぼう

今回のテーマについて、遠藤によるオンラインセミナー動画をご紹介します。実際のチャートを見ながら、実戦的な解説を聞くことができますので、ぜひご覧ください。

講師紹介

遠藤 寿保(えんどう としやす)
98年日本初のFX事業開始から、Web広告やセミナー運営、リスク管理啓蒙などFX業務全般に携わる。数多くの一般投資家と接しながら、現在、YJFX!にてFXエバンジェリストとして情報配信・FXコラム執筆・セミナー活動等を行っている。

※この記事は2016年9月1日に執筆されたものです。

本セミナーは2016年4月28日に実施したもので、情報提供のみを目的としております。
セミナーの内容及び資料は、遠藤寿保の個人的な見解かつ、開催当日のものになるため、今後の見通しについての結果や情報の公正性、正確性、妥当性、完全性等を明示的にも、黙示的にも一切保証するものではありません。また、資料内のデータは、あくまでも過去の実績であり、将来の市場環境の変動などを保証するものではありません。
さらに、かかる情報・意見等に依拠したことにより生じる一切の損害についてワイジェイFX株式会社は一切責任を負いません。最終的な投資判断は、他の資料等も参考にしてご自身の判断でなさるようお願いいたします。
※配信動画は、予告なく終了することがあります。
※コンテンツ、データ等の著作権はワイジェイFX株式会社に帰属します。無断転載、無断コピー等はおやめください。

関連する記事

投資にかかる手数料等およびリスクについて
当社ホームページ記載の金融商品へのご投資には、商品ごとに所定の手数料等をご負担いただく場合があります。各商品には価格の変動による損失が生じるおそれがあります。また、店頭外国為替証拠金取引をお取引いただく場合は、当社所定の証拠金が必要となり、元本を超える損失が生じるおそれがあります。なお、商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、当該商品等の「契約締結前交付書面」、「契約締結時交付書面」及び「目論見書」等をよくお読み頂き、それら内容をご理解の上、ご自身の判断と責任において、自己の計算によりお取引を行ってください。

FX・バイナリーオプションならヤフーグループのYJFX!
ワイジェイFX株式会社はヤフー株式会社
(東証一部上場 4689)のグループ企業です。
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第271号
加入協会 日本証券業協会 
一般社団法人金融先物取引業協会 
一般社団法人日本投資顧問業協会

YJFX! from Yahoo! JAPAN