取引 - ワンタッチ注文

ワンタッチ注文とは、FIFO方式(First in First out:先入れ先出し式注文)にて、自動的に新規や決済を選択し、リアルタイム注文(スリッページが無制限の場合は成行)にて発注する注文方法です。
※ただし、パソコン版取引画面ではスリッページ無制限設定ができません。

ワンタッチ注文の表示方法は、以下の2種類があります。

ワンタッチ注文の表示方法とワンタッチ注文画面

1 左側メニューより取引項目内の[ワンタッチ注文]をクリックすると、ワンタッチ注文画面が表示されます。
1 取引したい通貨のレートをクリックすると、ストリーミング画面が表示されます。

<ワンタッチ注文画面>

2 ストリーミング画面では、タブ形式で[リアルタイム注文]と[ワンタッチ注文]を切り替えることができます。
3

「設定」ボタンをクリックすると設定画面が表示されます。


※自動利食い・損切りの設定は右下の設定ボタンを押した後、「標準新規利食いポイント」または「標準新規損切りポイント」にご希望のポイント数を入力し、画面下の「実行」をクリックします。 「自動利食い」「自動損切り」にチェックをつけた状態で発注を行うと、新規リアルタイム注文と同時に決済指値・逆指値注文を発注できます。

「ワンタッチ注文確認画面表示」では、ワンタッチ注文画面を表示する前に、確認画面を表示させるかの設定が可能です。


「ワンタッチ全決済確認画面表示」では、ワンタッチ全決済画面を表示する前に、確認画面を表示させるかの設定が可能です。

<ストリーミング画面>

 

<設定画面>

注文の実行

例として、A:米ドル/円1万通貨をリアルタイムのレートで買う場合B:米ドル/円2万通貨をリアルタイムのレートで売る場合C:米ドル/円1万通貨をワンタッチ全決済する場合を見ていきましょう。

まずは、左側のメニューより[ワンタッチ注文]をクリックし、ワンタッチ注文画面を開きます。

A:米ドル/円1万通貨をリアルタイムのレートで買う場合

1 注文する「通貨ペア」を選択します。
(「ドル/円」を選択します)
2 「注文数量」、「スリッページ」を入力します。
3 [Buy]をクリックします。
4 自動的に新規注文として約定し、米ドル/円
1万通貨の買いポジションを保有した状態となります。

B:米ドル/円2万通貨をリアルタイムのレートで売る場合

5 (4)の状態から、[Sell]を2回クリックします。
※または注文数量を2万通貨に変更し、[Sell]を1回クリックします。
6 自動的に1万通貨の買いポジションは決済注文として約定し、残りの1万通貨は売りの新規注文として約定するため、米ドル/円1万通貨の売りポジションを保有した状態となります。

C:米ドル/円1万通貨をワンタッチ全決済する場合

7 (6)の状態から、[ワンタッチ全決済]ボタンをクリックします。
8 [実行]ボタンをクリックすると、ワンタッチ注文画面に表示されていた通貨の全決済(ワンタッチ全決済)が実行されます。

One Point Advice

※ワンタッチ注文画面では、両建てを行うことができません。

※ワンタッチ全決済では、保有ポジションを売買区分によらず、通貨ペアごとに一括で成行にて決済することができます。

※ワンタッチ注文の約定ルールについては、以下もご参照ください。

【ワンタッチ注文の約定ルール】

1.ポジション保有時に反対売買にあたるワンタッチ注文を行った場合、決済注文が発注され即時に約定します。

2.決済となるポジションがない場合には、自動的に新規注文が発注され即時に約定します。


上記1.の決済注文においては、取引状況に応じて下記のような発注がなされます。

<決済対象ポジションが複数ある場合>
決済リーブオーダーの有無にかかわらず、新規約定成立日時の古いポジションから順番に決済されます。

<決済対象ポジションにリーブオーダーが入っている場合>
当該リーブオーダーは自動的に取り消され、即時に約定します。
ただし、決済対象ポジションの一部にリーブオーダーが入っている場合で、ワンタッチ注文の発注数量がリーブオーダーの入っていない数量を超えない場合は、リーブオーダーが入っていない数量から優先的に決済を行うため、当該リーブオーダーは取り消されません。