取引 - 決済注文

保有するポジションを反対売買によって手仕舞うことを、「決済注文」といいます。

外貨exの決済注文には次の種類があります。

注文の種類 内容
リアルタイム 外貨exが掲示するレートで発注し、約定する注文。スリッページ設定機能により、実勢レートが不利な方向に変動した場合は設定しているスリッページ幅の範囲内で約定し、有利な方向に変動した場合は設定範囲にかかわらず有利なレートで約定します。
マーケット
(モバイル版取引画面のみ)
外貨exに注文情報が到達した時点のレートで発注し、約定する注文。

この注文の場合、画面の表示レートはあくまでも参考となり、注文中にレートが変動した場合、変動したレートで注文が約定します。
またスリッページ設定機能により、実勢レートが不利な方向に変動した場合は設定しているスリッページ幅の範囲内で約定し、有利な方向に変動した場合は設定範囲にかかわらず有利なレートで約定します。
指値 約定レートを指定する注文方法。
逆指値
(ストップ)
指定したレート以上で買う、あるいは指定したレート以下で売る注文方法。
OCO
(One Side done then cancel the other order)
2つの注文を同時に出しておき、一方が約定するともう一方の注文は自動的に取り消される注文方法。
トレール注文 逆指値注文に値幅(トレール幅)を指定することができる注文方法です。
売注文では現在レートが上がると決済価格が上がり、買注文では現在レートが下がると決済価格が下がるように、予め設定したトレール幅で実勢レートに追随し、自動で決済価格が調整されます。
全決済 お客さまが保有している全てのポジションを成行で決済します。レートの変動が大きい時にはお客さまが想定されている取り引き価格と乖離した価格で取り引きが成立する場合がございます。