4. 円高でもOK! 売りからはじめる取引

外貨預金と異なり、証拠金取引では円高でも利益を得るチャンスがあります

外貨預金は、基本的に外貨を買う(円を売る)取引です。そのため、円安にならないと為替差益が出ませんでした。しかし、証拠金取引では、外貨を売ることから取引をスタートできます。そのため、円高傾向の場合でも、利益を得るチャンスがあります

取引例:3/10に1万ドル売って、3/20に買い戻し。決済損益とスワップで25,670円の利益。

外貨を持っていないのに売る、というとなんだか難しそうですが、商品の販売の予約を受け付けて(売り)から商品を仕入れる(買い)ことと同じです。

なお、売りから入る場合、円を高金利の米ドルと交換するため、スワップの支払いが発生します。
(詳しくは「3.スワップポイントをうまく活用しよう」をごらん下さい)