2.投資効率のよさが最大のメリット

うまく売買できれば、外貨預金よりはるかに高い投資効率が期待できます

ここでは、一番身近な外貨商品である、外貨預金と外国為替証拠金取引を比べてみましょう。

外貨預金と外国為替証拠金取引で、それぞれ1万ドルを購入しました。購入レートが115円とすると、外貨預金での必要資金は115万円。証拠金取引では約10万円(外貨exでレバレッジ10倍コースの場合。)(証拠金は日々変動します。詳細はこちらをご参照下さい。)。1年後、1ドル117円で売却しました。結果、どちらも2万円の利益が出ました。結果は同じですが、外貨預金では元手115万円に対し2万円の利益で、年利約1.7%。一方の証拠金取引では、元手10万円に対し2万円の利益で、年利20%。その差はなんと約10倍です。

外貨預金よりはるかに高い投資効率が期待できます

「少ない資金で大きく運用」するメリットがお分かりいただけましたでしょうか?もちろん、証拠金取引にはリスクが伴いますが、よく理解して使えば、たいへんおトクな商品なのです。