5. 為替レートはなぜ動く

外国為替も通常の商売と一緒。
人気が出れば価値があがり、人気がなくなれば価値が下がります。

刻一刻と動く為替レート。なぜ、通貨が高くなったり安くなったりするのでしょうか。通貨の価値が動く、というとなんだかピンときませんが、外国為替といえども、通常の商売と同じです。人気があれば高くなり、人気がなければ安くなります。

たとえば、お米で考えてみましょう。同じお米でも、みんながおいしいと思う「コシヒカリ」は、ほしがっている人が多いため、多少高い値段でも売れます。一方、何年も倉庫に眠っていた古米は、人気がないため、コシヒカリと同じ値段では売れません。売るためには、より安い値段をつけなくてはならず、どんどん価格が下がります。

外国為替も同じです。人気のある=みんなが買いたがる通貨は高くなり、人気のない通貨は安くなります。

人気のある=みんなが買いたがる通貨は高くなり、人気のない通貨は安くなります。