1. YJFX!トップ
  2. YJFX!アカデミー
  3. はじめてのFX
  4. 外国為替の基礎知識
  5. 4. 「1ドル100.00円から100.05円」の意味

4. 「1ドル100.00円から100.05円」の意味

「いま、1ドルは100.00円から100.05円の間で交換できるんだな」ということではありません!!

ニュースを見ていると、よく最後に「それでは本日の円相場、1ドル○円から○円です」というコメントを聞きます。これを聞いて、「今は1ドル100.00円から100.05円の間で取引されているのか。じゃあいま、1ドル手に入れようとしたら、真ん中の100.02円くらいなのかな?」などと思ってはいませんか?

これは大きな間違いです。

「1ドル100.00円から100.05円」とは、「もし1ドルがほしいんだったら、1ドルにつき100.05円を払ってね」「もし円がほしいんだったら、1ドルくれたら100.00円払うよ」ということなのです。

ドルを買うときのレート(この場合100.05円)をAskレート、円を買う(ドルを売る)ときのレートを(この場合100.00円)をBidレートといいます。AskレートとBidレートの差をスプレッドといいます。

この、ドルを買うときのレート(この場合100.05円)をAskレート、円を買う(ドルを売る)ときのレート(この場合100.00円)をBidレートといいます。また、このAskレートとBidレートの差をスプレッドといいます。

このスプレッドの差が大きければ大きいほど金融機関は儲かります。逆に、わたしたちは損をするわけです。