スペシャル・トレンドレポート

2017年の英・欧・米は 究極の「政治相場」へ(松崎 美子氏)

2017年1月11日

マーケット動向を予想する際に、私が頼りにしているファンダメンタルズは主に4つある。ひとつは、金融政策。次は、財政政策、その次に経済(マクロ)政策、最後が政治だ。そして、今年は【究極の政治相場の一年】となる予感がする。

昨年のBrexit(英国のEU離脱)やトランプ氏勝利が確定するまで、政治への注目度はさほど高くはなかった。しかし、今年は欧州主要国で国政/大統領選を控えていることもあり、俄然【政治】に関心が集まっている。

ポジションを持つ立場として、政治相場は、非常にやりにくい。というのは、政治は個人の主観が入りやすいため、同じ情報が出ても、受け止め方に差が出るからだ。特にトランプ次期大統領の場合、わずか140字のTwitterで重要な発言をするため、マーケットを取り巻く情勢が1秒で大きく激変する危険性がつきまとう。その点を頭にしっかり叩き込んで、今年の相場と対峙するつもりである。

Unhappy New Year、メイ首相

英国のメイ首相にとって、2017年はスタートからUnhappyな出来事が続いた。元旦に国民に向けて新春メッセージを流した同首相は、「国民みなが納得するBrexit案を検討している。」と、ややソフトBrexit寄りの発言をした。しかし、そのわずか2日後、駐EU大使のアイバン・ロジャーズ氏が突然の辞任を発表。この人は、ヨーロッパ通であり、Brexit交渉団のキーパーソンとして活躍するはずであった。BBCテレビが公開した同氏の辞表には、「EU離脱交渉が予定通りに今年3月末からスタートした場合、そのわずか半年後に自分の任期が切れる。それを避けるために、交渉のスタート時点から新任のEU大使を任命し、その人が最初から最後まで交渉団の一員となるのが最良だと思い、辞任することに決めた。」 という出だしで始まっていた。しかし、読み進むと本音はかなり違っている。「駐EU大使として、EU各国との調整をしてきたが、英国政府のBrexitシナリオが全く形を成していないだけでなく、シナリオ自体が混乱を極めていて、非常に動きづらかった。」と暴露した。そして、同氏とメイ首相との関係があまり良くなく、時には対立関係となっていたことや、メイ政権で新設されたBrexit担当省では、EUとの交渉に必要な人材が徹底的に不足していることも嘆いていた。その中でも特に私が気になったのは、「EUとの離脱交渉には10年くらいかかる。特に貿易交渉にはどれほどの時間がかかるか、英政府はあまりにも軽く考えている。」と警鐘を鳴らしていた点である。
この重量級の前触れなしの辞任を受け、メイ首相のリーダーとしての素質に疑問符が生じたことは想像に難くない。この翌日、エコノミスト誌は、【メイ首相、たぶん最も優柔不断な首相】というセンセーショナルなタイトルで特集記事を載せた。

(参照)http://www.economist.com/news/leaders/21713837-after-six-months-what-new-prime-minister-stands-still-unclearperhaps-even

年初から、アンチ・メイ首相の動きが高まるなか、同首相は1月8日(日)のテレビ・インタビューに応じた。当然ながら、インタビュー内容はほとんどBrexitに関する質問となり、そこで同首相は「移民制限と英国の法律を適用することを優先する」という趣旨の発言をしたため、私を含む視聴者たちは、ハードBrexitは避けられないと腹をくくったのである。

翌日、月曜日のマーケットでは、このハードBrexitの可能性を織り込むように、「英ポンド/米ドル」は昨年10月以来の安値をつけた。

Brexitとシングル・マーケット

昨年6月に実施された国民投票では、【EUからの離脱】について問われたが、シングル・マーケット(EU単一市場)については全く触れていない。そして、いざ離脱に向かって動き始めると、実はこの部分が一番大事であることが判明した。国民の52%が離脱に票を入れたが、シングル・マーケットに対する解釈はそれぞれで、あらたな不透明感が生じている。

メイ政権がBrexit条件を決める際には、シングル・マーケットの扱いをどうするのか?これが最大の難問となることは間違いない。ちなみにマーケットのコンセンサスでは、ハードBrexit=英ポンド売り、ソフトBrexit=英ポンド買いとなっている。

2017年政治相場

文頭でも書いたが、今年は政治色が濃い相場展開が予想される。やはり、その中でもトランプ新大統領の政策運営のタイミングと規模、そして欧州主要国の国政/大統領選がメインとなるだろう。参考のために、過去の政治相場をいくつか挙げてみた。

この8つの政治相場での共通点は、【当該国の通貨が売られた】ことである。今までのところ、アメリカの米ドルは一人勝ち状態であるが、トランプ大統領就任後、このトレンドに変化が生じるのか?そして、選挙年となる欧州のユーロも例外なく売られるのか?非常に気になるところだ。

今年の主なイベント・スケジュール

政治相場なだけに、今後の政治イベントを見ない限り、予想が立てづらい。これが今年9月までの主なイベント・スケジュールとなる。

まずは、今週水曜日のトランプ次期大統領の記者会見で、何か新しい発表があれば、マーケットが動き始めるだろう。

ここからのマーケット

何度もくどくて恐縮だが、トランプ次期大統領の記者会見での発言次第であるが、執筆時点では、英ポンド関連ペアの動きが気になっている。

ここでは「ユーロ/英ポンド」と「英ポンド/円」、それぞれの日足に一目均衡表を載せてみた。

最初は「ユーロ/英ポンド」であるが、既に日足は雲の中に突入しており、遅行線(黄緑の線)が基準線(青い線)を上に抜けると、0.89ポンド台くらいまでのユーロ高/ポンド安となる可能性が出てくる。

同様に「英ポンド/円」の日足を見ると、こちらは遅行線(黄緑の線)が転換線(赤い線)の手前まで降りてきている。日足は既に下落を示唆しているが、ひとまずは遅行線の動きを注視してみたいと考えている。ここを綺麗に下抜ければ、138円ミドル~139円台が視野に入る。

松崎 美子氏プロフィール

松崎 美子(まつざき よしこ)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18カ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年シティーにある米系投資銀行に転職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

本レポートは2017年1月11日に松崎美子氏より発行されたもので、情報提供のみを目的としております。
レポートの内容は、松崎美子氏の個人的な見解かつ、開催当日のものになるため、今後の見通しについての結果や情報の公正性、正確性、妥当性、完全性等を明示的にも、黙示的にも一切保証するものではありません。また、レポート内のデータは、あくまでも過去の実績であり、将来の市場環境の変動などを保証するものではありません。
さらに、かかる情報・意見等に依拠したことにより生じる一切の損害について松崎美子氏、およびワイジェイFX株式会社は一切責任を負いません。最終的な投資判断は、他の資料等も参考にしてご自身の判断でなさるようお願いいたします。
※コンテンツ、データ等の著作権はワイジェイFX株式会社に帰属します。私的利用の範囲内で使用し、無断転載、無断コピー等はおやめください。

関連する記事

広告記載事項について
【全サービスに関するリスク】 ・お取引を開始する前に、必ずサービスごとの取引説明書および約款などをよくお読み頂き、それら内容をご理解の上、ご自身の判断と責任において、自己の計算によりお取引を行ってください。 【外国為替証拠金取引「外貨ex・トレードコレクター・C-NEX」について】 ・店頭外国為替証拠金取引は、投資元本および利益が保証されたものではありません。お客さまが預託した証拠金の額に比べ大きな金額のお取引が可能なため、通貨などの価格または金融指標の数値の変動によっては、預託した証拠金の額を上回る損失が生じるリスクがあります。さらに、お取引対象である通貨により、スワップポイント(金利差調整分)の受取または支払が発生します。 ・お客さまが預託する必要証拠金の額は、取引金額に対して外貨exおよびC-NEX4%(法人1%)以上、トレードコレクター4%以上相当額の割合です。 ・当社が提示する通貨ごとの価格は、Bid(売付価格)とAsk(買付価格)に差(スプレッド)があります。スプレッドは相場状況の急変などにより拡大する場合があるため、発注時点に比べ不利な価格で約定する場合があります。また、市場の流動性の低下などの理由により約定しない場合があります。 ・外貨通貨の預託金は、毎営業日のニューヨーククローズ時点のレートで値洗いされ、再計算します。 ・取引手数料は無料です。 【投資助言業「トレードコレクター」について】 ・シグナルの形成から約定までの時間により、約定価格が大きく乖離する可能性があります。 ・シグナルは、情報提供者の全ての取引により形成されるため、意図していない取引によるシグナルも配信される場合があります。 ・投資助言報酬額は通貨ペアや売買の別により異なりますので、投資顧問契約締結前交付書面にてご確認ください。 【バイナリーオプション「オプトレ!」について】 ・満期時刻に自動的に権利行使となるヨーロピアンタイプのバイナリーオプションです。 ・オプトレ!は、外国為替変相場の変動などにより投資元本の全てを失うおそれのあるリスクが高い金融商品です。 ・オプションの購入上限は、1回号1通貨ペアあたりラダーオプション500口、レンジオプション100口とし、合計最大600口です。 ・オプションの購入後の注文取り消しは行うことができませんが、取引可能期間であれば売却は可能です。ただし、購入価格と売却価格には差(スプレッド)があり、売却時に損失を被る可能性があります。 ・取引手数料は無料です。

FX・バイナリーオプションならヤフーグループのYJFX!
ワイジェイFX株式会社はヤフー株式会社
(東証一部上場 4689)のグループ企業です。
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第271号
加入協会 一般社団法人金融先物取引業協会 
一般社団法人日本投資顧問業協会

YJFX! from Yahoo! JAPAN